本文へスキップ

ウクレレ好きな初老のチャレンジ

Ukuleleのご紹介plan

ウクレレと言えばハワイとすぐに結びつくほど有名な楽器となりました。

ウクレレの名前の由来は諸説ありますが、ハワイ語で、「飛び跳ねる蚤」つまりUKU(蚤)、LELE(跳ぶ)と呼んだのだという説が最も定説とされています。

ウクレレはハワイの楽器。しかし、その源流は明らかにヨーロッパにある。19世紀後半、ウクレレはポルトガルからはるか海を越えてハワイにやってきた。

正確にいえば、まだその時はウクレレという名前ではなかった。
当時ハワイ王国はサトウキビ畑の労働力として世界各国からの移民を受け入れていた。
ポルトガルもそのひとつ。
1878年マデイラ島の港から419人のポルトガル移民を乗せて出航した船の中にはマニュエル・ヌネスとオーガスト・ディアス、ホセ・ド・エスピリト・サントという3人の職人がいた。

翌年(1879年)8月、長い航海の果てにハワイに到着した彼らはすぐに店を開き、ハワイの木材、「コア」の木を使ってブラギーニャという故郷の楽器を作り始めることにしたのだ。
それが今日までハワイの楽器として親しまれているウクレレの始まりだといわれている。

参考: 関口和之著 新ウクレレ大図鑑

私のウクレレのご紹介

ichigo custom ukulele 1
 Oihata Ukulele 北海道函館市
 Builder Satoshi Oihata

 コンサートサイズ カッタウェイモデル
 ボディー材はハワイアンコア
 ピックアップはMiSi

 サウンドホールの上に光っている黒蝶貝はいちごのヘタをイメージして作られたもので、ボディーの中はいちごがデザインしてあるため、サウンドホールがいちごに見えると言うこだわり。分かるかなぁ〜。
娘の名前の「いちご」をイメージして、尾伊端氏にかわいらしく遊び心満載で、をコンセプトにオーダーしたものです。

その他のウクレレは現在画像準備中です。
今しばらくお待ちください。

2

ゲストルーム



3

ゲストルーム




4

ゲストルーム



5

ゲストルーム